③アート・工作Webコンテンツ

食材のかざり切りにチャレンジしよう! 提供:大妻多摩中学校

【準備するもの】
(写真 1 ・ 2)

・ぶどう
・ハム
・かまぼこ
・ごま(あれば)
・オレンジ
・小さい包丁
・まな板
・ようじ
・応用編で使った材料:
桃の缶詰め、キウイフルーツ、イチゴ

 

(写真1)


(写真2)

 

【つくりかた】
包丁を使うので、保護者の方と一緒に行ってください。
けがをしないように注意して行ってください。

*花 ~ぶどう~~

1.ぶどうの根元の方を少し切る。(写真3)

 

(写真3)

2.ぶどうを立てて置き、十字に切り目を入れる。(写真4)

 

(写真4)

3.皮をそっとむく。(写真5)

 

(写真5)

 

*花 ~いちご~~

1.イチゴのへたの方を少し切る。

2.イチゴの上下に割りばしを置き、イチゴを立てて置き、十字に切り目を入れる(写真6)。

3.そっとひらく。

 

(写真6)

 

*バラ ~かまぼこ~~

①赤いかまぼこを1mmの厚さに3枚切る。(写真7)

②1枚をくるくるまく。2枚目・3枚目も続けてまく。(写真8)

③根元をようじでとめる。


(写真7)

 


(写真8)

 

*バラ ~ハム~~

1.ハム2枚を半分に切る。

2.1枚ずつくるくるまく。

3.根元をようじでとめる。

4.白いかまぼこ・黄桃・キウイフルーツなど

柔らかくてうすく切れる食材でもやってみよう。(写真9)

 


(写真9)

 

*ちょうちょ

1.オレンジをうすく、2枚切る。

2.1枚を中心まで切り込みを入れてねじる。

(写真10・11)

 

(写真10)

(写真11)

 

*うさぎ 1

1.かまぼこを1cmの厚さに切る。(写真12)

 

(写真12)

2.表面の色の付いた部分を包丁をねかせて7分目まで切る。(写真13)

 

(写真13)

3.切った部分を内側に折り込む(写真14)

 

(写真14)

4.ごまで目をつけるとかわいい(写真15)

 

(写真15)

 

*うさぎ 2

①かまぼこを1cmの厚さに切る。

②表面の色の付いた部分を包丁をねかせて7分目まで切る。

③切った部分をまな板の上にのばし、細長くV字に切る。(写真16)

 

(写真16)

 

*リボン

①かまぼこを1cmの厚さに切る。

②表面の色の付いた部分を包丁をねかせて半分まで切る。

③反対側も同じように切り、切った部分を折り込む(写真17)

④白い部分を真ん中に置くとかわいい(写真18)


(写真17)

 


(写真18)

 

*手綱(たづな)

①かまぼこを1cmの厚さに切る。

②表面の色の付いた部分を包丁をねかせて7分目まで切る。

③②で切った部分をまな板の上にのばし、中央に2cmくらい切り目を入れる。(写真19)

④③の切り目に、色のついた部分の端を下からくぐらせ、静かに引いて通す。(写真20)

 

(写真19)

(写真20)

 

*ハート

①かまぼこの向こう側1cmを残して、3mmの厚さに切り目を入れていく。(写真21)

②2枚目で切り離し、両端を真ん中に入れる。(写真22)

(写真21)

 

(写真22)

 

*末広(すえひろ:幸せが広がっていくという意味)

①かまぼこの向こう側1cmを残して、3mmの厚さに切り目を入れていく。

②6枚目で切り離し、つながっている部分を押さえながら、扇のようにずらす。(写真23)

 

(写真23)

 

*菊

①かまぼこの向こう側1cmを残して、3mmの厚さに切り目を入れていく。

②7枚目で切り離し、中央5枚を同一方向に折り曲げる。(写真24)

 

(写真24)

*少し切り方を変えたり、曲げ方を変えるだけで、いろいろな形に見えますね。自由な発想で、すてきな作品を作ってみてください。できあがったらきれいに盛り付けてみましょう。

 

 

解説動画はこちらです。

レシピ提供:大妻多摩中学校
 
大妻多摩中学校 学校紹介動画
 

学校ホームページはこちら

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました

読み込み中:single.php