みんなの作品グランプリ2020

「芸術の秋!みんなの作品グランプリ2020」

応募は終了いたしました!

皆さまからのたくさんのご応募ありがとうございました!

おうちでできる自由研究を集めたサイト「おうちで自由研究フェスタ2020」では、みなさんの作品を募集いたします。身近な疑問を調べたレポートや、自慢の絵や工作などの作品、自由研究フェスタのサイトを見て作ってみた作品を応募して、「おうちで自由研究フェスタ2020」の公式サイト上でみんなに見てもらいませんか?芸術の秋、レポートや制作にチャレンジ!すばらしい作品には優秀賞を用意しています!A、B、Cの3つのコースから1つを選んで作品を投稿してみよう!

 

 

◆芸術の秋!みんなの作品グランプリ2020 応募要項
作品応募期間:11月1日(日)~12月15日(火)期間終了いたしました。
作品展示期間:1月~3月予定
各賞発表:2021年1月中旬予定
応募コース:
A、B、Cの各コースの中から1つを選び、応募してください。

Aコース「未来の科学者コース」
・作った調査レポートを提出するコース。虫や植物の観察、実験の記録、などなんでもOK!レポートの内容は、理科的なものでなくても(文学や歴史ももちろんOKですなどでも)大丈夫です。レポートをPDF形式のファイルにしてご応募ください。
※書式は自由です。レポート内にお名前を記載する場合は本名ではなく、ニックネームを書いてください。
※PDFのページ数は何枚でも結構ですが、ファイルは、10MB以下でお願いいたします。
※レポートは、手書き用紙のスキャンでも、PCを使って作成していただいても結構です。
※図表や写真の掲載などについて、著作権には十分な配慮をお願いします。

詳しいレポートの書き方はコチラ 

※提供:東京立正中学校

 

Bコース「未来の芸術家コース」
・工作や絵画など、作った作品を提出するコース。自分で作ったものや絵をみんなに見てもらおう!作品の写真を撮ってご応募ください。
※例えば絵本など、複数枚にわたる作品は、PDFファイルにしていただいても結構です。
※作品内にお名前を本名で掲載しないでください。

Cコース「おうちで自由研究フェスタコース」
・おうちで自由研究フェスタにアップされているものから選んでやってみるコース。アップされている自由研究を参考に作ってみよう!作った作品の写真を撮ってご応募ください。
※実験をやってみた等、レポート形式になるものは、複数ページのPDFファイルにしていただいても結構です。

※上記各コースの中から1つを選び、応募してください。

賞品:優秀賞 図書カード5,000円(各コース1名)
   ※優秀作品は、「おうちで自由研究フェスタホームページ」に、
    審査員のコメントとともに掲載します。
    また、応募作品は「みんなの作品コーナー」に掲載いたします。
    (事務局が不適切と判断したものはのぞきます)
応募資格:年齢に関わらずどなたでもご応募できます。
応募方法:おうちで自由研究フェスタ2020の公式サイト内にある芸術の秋!みんなの作品グランプリ2020作品投稿ページから、下記の投稿のしかたをご参考にした上でご応募ください。

 

【 投稿のしかた 】

1.投稿ページにアクセス

右のQRコード、もしくは下記URLにアクセスします。(投稿は11月1日からです。)

応募は終了いたしました。

 

2.投稿ページから必要事項を記入し、写真もしくはデータを添付して投稿
必須事項を記入し、添付ファイル1~4に送りたい写真、もしくはデータを添付して投稿してください。
3.投稿ページにて掲載
投稿された作品につきましては、後日事務局にて編集を行い、みんなの作品ページにて掲載されます。
(2021年1月~3月まで)

 

 

審査員紹介(敬称略)

 

相羽 髙德

株式会社グラフィクスアンドデザイニング 代表取締役会長兼社長
株式会社東京妙案開発研究所 代表取締役社長

1994年「新横浜ラーメン博物館」と、すかいらーく「ガスト」という対照的なプロジェクトをほぼ同時期に成功させ、空間プロデューサーとして注目を集める。以後、「箱根☆サン=テグジュペリ 星の王子さまミュージアム」「NINJA AKASAKA / NEW YORK」、「寄居 星の王子さまPA」「羽生PA 鬼平江戸処」など、話題の施設をプロデュース&デザイン。商業施設、テーマパーク、リゾートホテルのプランを数多く手掛ける。最近では、「セブンパーク アリオ柏」(セブン&アイHLDGS.最大のショッピングセンター)のアートディレクターを担当し、施設の魅力づくりや話題づくりを成功させた。また、独自の「メイズ」や「Bonsai Art」などアーティストとしても活躍。

 

 

 

北原 達正

一般社団法人 e-kagaku 国際科学教育協会 代表理事
元文部科学省21世プラン 大津市科学教育推進委員会 委員長
ふくしま科学教育推進協議会 委員長
京都大学、京都教育大学、奈良女子大などで教鞭をとる

大学で宇宙物理学や情報教育の教鞭をとるかたわら 、2003年に『子どもの理科離れをなくす会』を発足。「科学教育を用いた人間教育、人材育成」をコンセプトに、北海道から沖縄まで、私立・公立を問わず継続的な科学教育環境を整備する事業を展開し、科学&ロボット教育を通じて、未来に通用する人材の育成に努める。(一社)国際科学教育協会 代表理事。 

 

 
タイトルとURLをコピーしました