芸術の秋!みんなの作品グランプリ2020 結果発表

みんなの作品グランプリ結果発表

このたびは、たくさんの作品をご応募いただき、本当にありがとうございました。
ABCの各コースより優秀賞を1点ずつ選ばせていただきました。また、優秀賞は逃しましたが素晴らしい作品として、審査員特別賞をAコース2点、Bコース16点(15名)選ばせていただきました。受賞された方には、事務局より個別にメール連絡をさせていただきます。また、惜しくも選外だった作品も素晴らしい作品ばかりなので、すべての作品を掲載させていただいております。ぜひご覧ください。

審査員総括

北原 達正

まず今回チャレンジいただいた皆様に、心から感謝と拍手を送ります。科学研究は面倒なことが多いのですが、それでもやってみたいというその源は好奇心だと思います。皆さんはその力を十分持っています。自信をもってチャレンジを続けて、もっと完成された研究ができるよう頑張ってください。
そのために少しアドバイスをさせていただきます。最近、ITやデータサイエンスという言葉をよく聞くようになりました。科学だけでなく音楽やスポーツにも応用されています。簡単に言うと「データを採る」「データを分析する」「何かの事実を見つける」ことが重要なのです。今回選ばせていただいた研究は、独自の方法でデータを採り、表やグラフにまとめています。これも立派な分析です。皆さんもぜひグラフを描く力を伸ばしてください。
一方、見事なスケッチを描いてくれた皆さんもいらっしゃいました。スケッチは科学の原点である観察力にとって非常に大切です。素晴らしい能力です。そこからどのような違いがあるのかを表にまとめるようにしてはどうでしょうか。それも立派なデータとなります。
次回の皆さんのチャレンジを楽しみにしています。

(一社)e-kagaku国際科学教育協会

代表理事
北原 達正

相羽 髙徳 

グランプリに応募してくれた皆さんの作品からは、素晴らしいイマジネーションを感じることができました。人類(ホモ・サピエンス)が今日の世界を創りあげたと言われるチカラ、それは、フィクションを生み出し、信じるチカラ=イマジネーションです。私はイマジネーションを信じています。これまでも、これからも。そして、それはもっとすごいことを起こせると…。皆さんがイマジネーションを持ち続けたまま、成長していくことを願っています。

 

株式会社グラフィクスアンドデザイニング
株式会社東京妙案開発研究所〈東京妙案ギャラリー〉

代表取締役会長兼社長
相羽 髙徳

 

優秀賞

Aコース
未来の科学者コース
優秀

でんぱをつかまえろ!!(ニックネーム:たんじろうさん・ねづこさん)
おうちで自由研究フェスタ投稿作品です。でんぱをつかまえろ!!(ニックネーム:たんじろうさん・ねづこさん)
タイトル:でんぱをつかまえろ!!
ニックネーム:たんじろう、ねづこ さん
説明文:
家で大好きな動画を見る際に、電波のつながりにくい時とつながりやすい時があり、それはどうしてなのか?と疑問に抱いたのが研究のきっかけです。先ずは現在の電波の状況を確認し、参考図書を見ながら自分で工夫できることは何かを親子で一緒に考えました。電波の性質を学びながら、自宅にあるものでいかに電波をうまく【つかまえる】ことができるのか、さらに電波をうまく【つかまえる】ためにはどうしたらいいか、と好奇心を抱くことができました。
動画を視聴することがダメ!と一概に否定するのではなく、今、興味関心があるものをテーマにしたことで研究にも意欲的に取り組むことが出来ました。
 
審査員コメント:
この作品は1年生で「データをとる」「データをまとめる」ことがしっかりできてました。どのようなデータを採ればよいかという視点、さらに改善した場合との比較もしっかりできていました。研究者としての高い素養が感じられます。今後はまとめたデータから分析を行う知識と経験を、しっかり修得してもらいたいと期待しています。
 
受賞者コメント:
先ず、【たんじろう】は現在、動画に夢中な7さい男子です。あまり外で身体を動かすのが、得意な方ではなく、家でのんびり過ごすのが好きな性格です。小学生になり、《YouTube》を知ってからというものの、興味関心がインターネットへ…。時間を決めて視聴していた《YouTube》ですが、接続がうまくいかず、決めていた時間の約束が曖昧になってしまったのが悩みでした。そこへ、【たんじろう】が通う学校から配布された《みんなのグランプリ》のプリントが…!!
 
「これだーっ!!」
 
と、長い夏休み期間を通して、せっかく毎日費やす動画の時間を研究に活かそう!!と思ったのが応募のきっかけです。
 
【研究】とはいえ、親子共々初めての経験です。先ずは図書館で【研究とは?】を学びながら、今の状況を観察して、データをとり、うまく繋がらない原因をいろいろ考察しながら試行錯誤しました。
 
研究を通して、【たんじろう】の興味や観察力、発想も【ねづこ】とは違った点も多数あり、共同研究の楽しさも知ることができました!!
 
研究後は生活のいろんな点で親子揃って疑問を持つようになったり、トライしてみよう!調べてみよう!という場面が増えてきたように思います。
 
受賞をきっかけに【研究の楽しさ】【疑問を解決したときの爽快感】【認められたことの喜び】そして、何よりも【自分でもできたという自信
】が身に付いたと思います。しばらくは【たんじろうとねづこ】タッグで研究の視点を身近な生活の中で持ち続け、楽しんでいきたいと思います。
 
この度は素晴らしい賞をいただき、ありがとうございました!

 

Bコース
未来の芸術家コース
優秀

段ボールで好きなキャラクターを作りました。(ニックネーム:ハル さん)
ニックネーム:ハル さん 年齢:7 歳 Bコース「未来の芸術家コース」 コメント: テレビや他メディアで見る二次元のものを段ボールで立体化するのが好きで、色々な形のいろいろな大きさのフィギュアなど...
タイトル:段ボールで好きなキャラクターを作りました。
ニックネーム:ハル さん
説明文:
テレビや他メディアで見る二次元のものを段ボールで立体化するのが好きで、色々な形のいろいろな大きさのフィギュアなどを作っています。
今回は、好きなキャラクター、アメリカのホラーゲームキャラクターのフィギュアを作りました。

審査員コメント:
どれもセンスがあり、かわいくて、素晴らしい。ゆる~い感じがアートしています。このクマ(?)は、背景を白地にして、ちゃんとライティングして写真を撮ったら、立派なアートに見えますよ。写真の撮り方でとってもカッコよくなる。うちのギャラリーで展覧会をやりたいくらいです。

受賞者コメント:
飛び跳ねて喜んでおります。本当にありがとうございます。普段からものづくりが大好きでその集中力がすごいので、もっともっと好きな気持ちと才能を伸ばしてあげたいと思っております。今回、小学校でパンフレットを拝見しまして、それをきっかけに応募させて戴きました。
 

Cコース
おうちで自由研究フェスタコース
優秀

ソーダパフェ(スライム)(ニックネーム:ちー さん)
ニックネーム:ちー さん 年齢:8 歳 Cコース「おうちで自由研究フェスタコース」 コメント: 炭酸が飲めない私。 炭酸が飲めるようになりたいのと思いを込めて作った透明スライムでパフェとスライム...
タイトル:ソーダパフェ(スライム)
ニックネーム:ちー さん
説明文:
炭酸が飲めない私。
炭酸が飲めるようになりたいのと思いを込めて作った透明スライムでパフェとスライムパレットをつくりました。

聖セシリア女子先生のコメント:
単にスライムの作り方を伝えただけでしたが、これでパフェを作ろうとする発想がすばらしい!
細かなところまでていねいに、じょうずに作っていて、できあがりの色もとてもきれいです。
本当においしそうな、すてきな作品です。

 
受賞者コメント:
・応募のきっかけ
 学校においてあったチラシをみて
・受賞の感想
工夫して作ったパフェとパレットなので選んでもらえてすごく嬉しいです
・将来の夢
化石を発掘する人

 

審査員特別賞A

審査員コメント

たいへんユニークな着眼点です。実際のマーケッティングにも通じる分類項目で調査している点もセンスの良さを感じます
調査数をもう少し増やしたり、人気があるマスクはどこが気に入られているのか原因を掘り下げる第2次調査があれば、さらに良くなったと思います。 

測定項目に工夫を感じます。年代別の違いや天気による違いなど研究の基本である比較対照法を用いて、説得力のある研究だと思います。
マスクをしているときとしていないときの体温上昇の比較がなく、
原因がマスクであることが断定できない点が残念でした。
そこを改善すればもっとよい研究になったと思います

 

 

審査員コメント

これはなかなかすごいと思います。
オウムの顔の正面を描く人はあまりいないでしょう。鳥の顔でありながら、もはや鳥の顔ではない。まったく違う世界が見えてくる。これぞアート。周りの縁の色ともぴったりです。

万物に顔がある。すべてが擬人化されていて、アートっぽくておもしろい。インスタレーションの大作。ロバート・ラウシェンバーグも真っ青。僕は大好きです。この人は将来、アーティストになるかもしれませんね。

なかなかアートしていますよ。マチエール(絵肌や光沢、質感)を感じさせようとしている、斜めからの写真の撮り方がうまいですね。ご本人か、お母さんか、わかりませんが、写真を撮った人がすごいです。ぜひ描き続けてください。

この人はうまい。うますぎる。なんだろう、このうまさは。クマたちが生き生きしている。真ん中の子グマのはく息の白さがうまい。親クマの顔の左のグレーのライン、一発で入れてそれがバッチリ決まっている。素晴らしいです。

 

 

審査員特別賞B(佳作)

応募作品一覧

ここからは、今回ご応募いただいた作品すべてをご紹介いたします。力作揃いなのでぜひご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました